オキシカットについて

※2020年3月25日に商品名を変更しました。
(旧商品名:Twendee X  新商品名:オキシカット)

オキシカットは、15年の研究開発を経て、
正式に製品化されました。

2005年
欧州TIMA医療財団の研究開発支援を受けて、犬房春彦の研究チームが「オキシカット(Oxicut)」のプロトタイプが完成。

2011年
ヘルムート・デュルシュラーグ博士(レーゲンスブルグ大学 生物物理学・物理生化学研究所)との共同研究を開始。

2013年
岐阜大学 科学研究基盤センター内に抗酸化研究部門が新設。犬房春彦が特任教授に就任(現任)。

画像1

「オキシカット(Oxicut)」は2019年9月に本格的な販売を開始するまでに15年の歳月を要しました。
現在も岐阜大学を中心に研究は続けられており、科学的エビデンスを元にさらに信頼いただける製品を目指しています。

画像1

Quality
安全・安心への
3つのこだわり

サプリメントは毎日の健康をサポートするための食品です。毎日摂るものだからこそ、安全・安心の品質であることが大切という考えから、オキシカットは、3つのこだわりを持って作られています。

こだわり1
専門家が開発した
高品質なサプリメント

「オキシカット(Oxicut)」は、岐阜大学 科学研究基盤センター 共同研究講座 抗酸化研究部門の犬房春彦 特任教授が、原料の選定から配合量、処方設計までを検討して製品化したものです。信頼度の高い専門家の監修のもと開発されており、人のからだの栄養状態を考慮し、必要とされる栄養素を最適に補えるよう処方設計をしています。

開発者の経歴

1957年岡山県出身、近畿大学 医学部卒業後、近畿大学 医学部大学院外科学系専攻 修了。その後、近畿大学 医学部臨床医学部門 教授、ストラスブール大学 欧州テレサージェリー研究所 客員教授、スペインバルセロナ大学 外科学教室 客員教授などを歴任し、2013年から現職。『オキシカット(Oxicut)』を開発。

犬房 春彦

犬房 春彦
Haruhiko Inufusa

岐阜大学 科学研究基盤センター
共同研究講座 抗酸化研究部門 特任教授

こだわり2
体に安全な8つの有効成分の
配合比率で特許を取得

元々私たちの体の中にある8つの天然成分を黄金比率で配合しており、その配合比率で特許を取得しています。
化学合成物質は一切含まれておらず、様々な試験や検査・分析をクリアした、安全性と品質が保証されている原料のみを使用しております。

体に安全な8つの有効成分の配合比率で特許を取得
こだわり3
安心・安全にこだわった
製造・販売

TIMAクオリティ

TIMAグループが製造する全ての商品は、サプリメントの製造販売には通常求められない安全性試験、動物実験、臨床試験、放射能試験など各種試験を製品化前に行ない、 エビデンス(科学的根拠)がある商品のみを発表しています。

臨床試験
安全性試験
放射能試験

沿革

2005年

欧州TIMA医療財団の研究開発支援を受けて、犬房春彦の研究チームが「オキシカット(Oxicut)」のプロトタイプが完成。
非臨床試験を開始。

2007年

安全性試験(毒性試験/突然変異試験/染色体異常試験/毒性予備試験)を実施(委託先:株式会社イナリサーチ)。

2011年

ヘルムート・デュルシュラーグ博士(レーゲンスブルグ大学 生物物理学・物理生化学研究所)との共同研究が開始。

2012年

SUPALIV株式会社(旧社名 ブルックフィールドメディカル株式会社)が欧州TIMA医療財団の特許の使用権を得て「オキシカット(Oxicut)」を製造販売開始。
一部クリニックと直販サイトでのみ販売。

2013年

岐阜大学 科学研究基盤センター 内に抗酸化研究部門が新設。犬房春彦が特任教授に就任(現任)。

2014年

「オキシカット(Oxicut)」が国際特許を取得。

特許取得前までは研究結果は特許申請にのみに使用してきましたが、 2014年以降より抗酸化研究に関する学会報告、論文発表を開始。

2015年

「オキシカット(Oxicut)」が日本国特許を取得。

2017年

大規模ヒト臨床試験が開始(委託先:認知症予防学会)。

2018年

犬房春彦の抗酸化研究が認められ、ゲイムインターナショナルイノベーションアワード(科学部門 最高賞)受賞。

2019年

「オキシカット(Oxicut)」の製造販売を目的に9月、TIMA Tokyo株式会社を設立。正式に一般販売を開始。
酸化ストレスに関わる複数の臨床試験・非臨床試験(国内外の大学との共同研究)、モニター試験を進行中。

学会発表、論文発表

「オキシカット(Oxicut)」に関わる研究は、現在も岐阜大学 科学研究基盤センター 共同研究講座 抗酸化研究部門(特任教授 犬房春彦)を中心に行われております。

特許と商標を保有する欧州TIMA医療財団の方針により、2014年まで研究結果は特許申請にのみ使用してきましたが、 特許取得後の2014年以降より研究に関する学会報告、論文発表を開始しています。

また岐阜大学の他、岡山大学、京都府立医科大学、レーゲンスブルグ大学、フランス科学アカデミーなど国内外の研究機関で、動物実験や臨床試験が続けられており、学会発表や論文投稿されています。

表彰・認定

ゲイムインターナショナルイノベーションアワード(科学部門 最高賞)

2018年11月ノーベル賞受賞者7名を審査員に招いて、リオデジャネイロで開催されたサミット『SIPS 2018』で、「オキシカット(Oxicut)」に関する抗酸化研究が、ゲイムインターナショナルイノベーションアワード(科学部門 最高賞)を受賞しました。

ICDD (Innovative Concepts in Drug Development)認定サプリメント

医薬品や抗酸化物質の検査機関ICDD(フランス)が公式に認定したサプリメントです。

オキシカットは、国内外の抗酸化研究開発機関と共同研究が実施されています。

オキシカットは、様々な医療分野のトップクラスの研究者や研究機関と連携し、現在も多数の共同研究が続けられています。
今後抗酸化研究、健康長寿の実現に関するさらなるデータが期待されています。

吉川 敏一
ルイ・パストゥール医学研究センター理事長
日本抗加齢医学会 名誉理事長
吉川 敏一

1947年京都府生まれ。医学博士。京都府立医科大学前学長。公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター理事長。日本酸化ストレス学会名誉理事長。日本抗加齢医学会名誉理事長。1973年京都府立医科大学卒業。アメリカ・ルイジアナ州立大学客員教授、東京大学先端科学技術研究センター教授などを経て、2000年、京都府立医科大学医学部教授に。2011年、同大学学長に就任。2017年より現職。アンチエイジングやフリーラジカル研究の世界的権威であり、主な著書に、「フリーラジカル入門(先端医学社)」「続フリーラジカル入門(先端医学社)」「フリーラジカルの科学(講談社)」など。

阿部 康二
岡山大学 医学部脳神経内科学 教授阿部 康二

1981年東北大学医学部卒業。1987年東北大学神経内科大学院修了(医学博士)。1988年米国ハーバード大学神経内科学教室留学。1989年東北大学医学部神経内科助手。1995年東北大学医学部附属病院講師。1996年東北大学医学部助教授。1998年岡山大学医学部教授。2006年岡山大学大学院教授(医歯薬学総合研究科)。専門は臨床神経学、神経変性疾患(脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病など)、脳血管障害、認知症。

平野 滋
京都府立医科大学
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室 教授
平野 滋

1990年京都大学医学部 卒業。1991年天理よろず相談所病院 医員。1998年医学博士号 取得。1998年京都大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助手。1999年カリフォルニア大学 ロサンジェルス校 耳鼻咽喉科 研究員。2001年ウイスコンシン大学 耳鼻咽喉科 研究員。2003年京都医療センター 気管食道科 医長。2005年京都大学大学院 医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 講師。2015年京都大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科 准教授。2016年より現職。

局 博一
東京大学 名誉教授局 博一

1989年東京大学 農学部 助教授。 1995年東京大学 農学部 助手。 1996年東京大学 大学院・農学生命科学研究科 助教授。 1998年東京大学 大学院・農学生命科学研究所 教授。 東京大学大学院 農学生命科学研究科附属 食の安全研究センター長、政府の食品安全委員会専門調査会委員などを歴任。 日本の食の安全性に関する専門家。

岡田 直美
ナオミクリニック 院長岡田 直美

腫瘍内科医、医学博士、経営学修士(MBA)。1986年千葉大学医学部卒業。1992年千葉大学医学部大学院修了。2008年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。東京共済病院腫瘍内科部長、放射線医学総合研究所病院医長、量子科学技術研究開発機構 腫瘍臨床研究チーム医長などを経て現職。

ヘルムート・デュルシュラーグ 教授
レーゲンスブルグ大学(ドイツ)
生物物理学・物理生化学研究所 教授
ヘルムート・デュルシュラーグ 教授

グラーツ大学物理化学研究所 研究助手、欧州分子生物学機構 研究員などを経て現職。研究者生涯をかけて放射線による生物の障害を低減できる物質を探してきた研究者で、定年を迎えた後でも精力的にレーゲンスブルグ大学で研究や講義を行い、世界中の学会から招請され講演を行っている。

中島 拓
広島大学病院中島 拓

2001年広島大学 医学部医学科卒業。2001年国家公務員共済組合連合会 呉共済病院 内科 研修医。2003年広島大学 医学部付属病院 呼吸器内科 医員。2007年広島鉄道病院 呼吸器内科 医長。2009年県立広島病院 呼吸器内科 副部長。2010年ミシガン大学 病理部門 博士研究員(ポスドク)。2012年広島大学 病院 集中治療部 助教授。2012年広島大学 病院 呼吸器内科 助教授。2017年より現職。

モニター調査結果

多くの企業が自社でアンケート調査を行っていますが、弊社ではデータの信頼性を高めるために、
第三者機関へ依頼してアンケート調査を実施しています。

  • 身体が疲れにくくなった
  • 深く眠れるようになり朝の目覚めが良くなった

愛用者からは、多くの喜びの声をいただいています。

愛用者の声の一部をご紹介

  • 中川 武弘 様

    北新地 鮨なか川 店主
    中川 武弘 様

    数年前に倒れて不調になってから、うまく喋れなかったりしましたが、オキシカット(Oxicut)を飲み始めてからは、倒れる前よりも元気です。今ではオキシカット(Oxicut)を毎日欠かさず飲んでいます。

  • 土岐 英史 様

    サックスプレイヤー
    土岐 英史 様

    毎日欠かさずオキシカット(Oxicut)を飲み続けて、半年経った頃から数々の変化が現れました。まず、疲れにくく、回復も早いです!他にも色々と変化と感じることがあるので、これからも飲み続けるつもりです。

  • 中川 武弘 様

    ギタリスト
    岩見 和彦 様

    オキシカット(Oxicut)を毎日欠かさず飲んでいるおかげで、疲れ知らずの日々を送れています!また、飲酒好き&食い道楽のため、ついつい飲み過ぎることも…。そんな夜にはオキシカット(Oxicut)を!ありがたい生活必需サプリです。

※上記はあくまで個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

よくあるご質問

オキシカット(Oxicut)とは何ですか?
専門家が処方・原料にこだわって開発した栄養機能食品(ビタミンC含有食品)です。栄養機能食品(ビタミンC)は、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
オキシカット(Oxicut)の成分について教えて下さい
オキシカット(Oxicut)に含まれている成分は、コエンザイムQ10 、 ビタミンC、 L-グルタミン、L-シスチン、結晶セルロース、安定剤(ヒドロキシプロピルセルロース)、ステアリン酸マグネシウム、フマル酸、コハク酸、微粒二酸化ケイ素、カルボキシメチルセルロースカルシウム、ビタミンB2、ナイアシン です。
いつ飲むのがおすすめですか?
1日1回3粒を目安にお召し上がりください。お薬ではないのでタイミングの指定はございませんが、毎日決まった時間帯に継続してお飲みいただくことをおすすめしています。忘れにくいタイミングで毎日しっかり飲んでいただくことが体感への近道となります。
オキシカット(Oxicut)と他のサプリとの違いはありますか?
朝スッキリと目覚めたい方や、元気に毎日を過ごしながらエイジングケア※を行いたい方などにより実感いただきたいという思いから、各成分の配合量にこだわっています。厳格な安全基準で製造を行っており、いつまでも若々しく元気にいたいとお考えの方におすすめのサプリメントです。

※年齢に応じたケアのこと

どのくらい摂り続けなければならないのですか?
半年~1年以上、長く続けて頂くことをおすすめしています。変化が現れてからも、多くの方にご愛用いただいております。